【女子なのに】ヒゲが気になり顔の産毛処理してます・・

女子なのにヒゲが気になり顔の産毛処理してます

毎朝化粧をして出勤していますが、目が悪くメガネをかけている為顔の細かいところまで見えていませんでした。
ある日彼氏に、ヒゲ生えてるよ、と言われ愕然としました。
女子なのにヒゲ。

 

よく見ると口の周り、おでこの髪の生え際、もみあげに少し濃い産毛が生えていました。
すぐにカミソリで顔の産毛処理をしました。
すると化粧ノリが良くなり、ワントーン顔の色が明るくなったような気がしました。
しかし、口の周りの産毛が濃くなってきたような気がしたのです。
ますます、女子なのにヒゲが生えてるように見えてきました。

 

そこで肌に優しそうな産毛の処理方法を探し、肌への負担が少なく手間もかからない脱毛クリームを見つけました。
顔の産毛処理なので、肌に負担がないか最初は不安な気持ちもありながら使用したのですが、朝と夜に塗り込むだけという簡単な方法で特に異常もおこりませんでした。

 

面倒くさいことは苦手なのですが、塗り込むだけという手軽さが良かったです。
しばらく続けていくと、気になっていたヒゲのような産毛がなくなっていたのです。
毛穴も小さくなったように感じました。

 

化粧をしていてもファンデーションが上手に乗らずまだらになることがあったのですが、キレイに密着していて感動しました。
彼氏からもヒゲのことは言われなくなったので、本当に良かったです。

 

 

顔の産毛処理に手軽で便利なグッズ

顔の産毛処理をするために、便利で手軽に利用ができるグッズを使うことができます。顔の産毛処理に使えるアイテムとして、フェイス用電池式シェーバーは、エステサロンでも推奨されるほど、安全性が高くて便利なアイテムだといえます。

 

脱毛サロンの場合は、事前の処理のために推奨をしていますが、脱毛をしない人でも、日ごろの産毛処理には最適な処理アイテムです。電池式ではなく、敏感肌用の顔そり専用のシェーバーも、T字剃刀とは違う剃りやすさがあります。

 

マイクロガードを付けたタイプなどは、肌の弱い人にも使えるように、肌にできるだけ直接、シェーバーの刃が当たらないようにできています。顔用の脱毛ワックスシートを使うこともできますし、敏感肌用であれば顔の肌にも、無理なく使うことができます。

 

剃刀処理だと残しやすい部分の産毛も、顔用のワックスシートであれば、すべて取り除くことができます。家庭用の脱毛器を思い切って入手する方法も、前向きな顔の産毛処理になります。

 

ボディ専用の脱毛器ではなく、顔脱毛にも対応をしている、家庭用脱毛器を選びます。家庭用脱毛器の中には、美顔器としての利用ができるタイプもあるので、ムダ毛の脱毛と肌の美しさを、両方手に入れることになります。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

顔の産毛処理おすすめ法を紹介!

顔の産毛処理でおすすめ法を検索したことはありますか?顔の産毛処理というのでは、毛を取り除くという処理が主に掲載があると思います。

 

しかしながら、顔の産毛処理を取り除くだけでなく、薄くするというおすすめもあります。顔の産毛処理というと剃るか抜くかが頭にうかびます。でも、毎日のおすすめ生活法でも、顔の産毛処理というか、産毛が薄く目立たなくなる方法もあるのです。

 

顔の産毛が気になり毎日メイクする前に剃ってしまったりしていませんか?もし顔の産毛処理を剃るという方法で解決したいなら、顔のお肌が清潔なとき(お風呂上りがベスト)で、顔専用の電気シェーバーを使いましょう。

 

さらに、顔の産毛処理ではありませんが、顔の産毛が薄くなるおすすめ法があります。

 

まず、根本的に女性ホルモンバランスが崩れていて、本当であれば、女性であるから女性ホルモン優位なのですが、更年期障害と同じになっている可能性があります。

 

つまり、男性ホルモン優位でイライラしたり、気分が落ち込んだり、さらにそれがストレスとなって、心身が疲弊すると女性ホルモン分泌が減ります。
それをもとに戻してください。まずは、リラックスすることです。職場でも家でも、仕事の続きでぴりぴりしていませんか?それを和らげるには、家族と一緒に過ごして笑うこと、香り(アロマ精油)でリラックスもできます。

 

もうひとつ簡単なのが眠る。もうこの際、頭の中の仕事を追っ払って週末はずっと寝るなど、とにかく寝てストレスを発散させてください。
運動をしているなら、すでにストレス発散効果を実感している人もいるでしょう。本当は毎日規則正しい時間に起きて寝ることが一番です。

 

次は食事ですよね。サプリでもたくさんありますが、女性ホルモンと同じ作用のある食品をなるべく多く摂取して、女性ホルモンを取り戻してください。
あとは普通のスキンケアに抑毛効果のあるクリーム・ローションを使うことです。

 

上記は長期間かけて行う顔の産毛処理方法です。

 

最後に思い浮かぶのが、抜くこと。これはどのサイトにも書いてあるとおり、自分ではやらないほうがいいです。何かあって、皮膚科に通っても、腫れやぽつぽつはおさまってもシミになることもあります。その他には医療脱毛とエステサロンです。

 

料金は高いですが、永久脱毛か半永久脱毛なので、さくっとすませたい人は、年に数回通って、残りはシェービング不要ですので、抑毛コスメでケアしていくことになりますね。

 

上記のコスメ、生活、脱毛、シェーバーなどを駆使して、いろんな風に顔の産毛にアプローチできると思います。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

顔の産毛処理はパックだと肌トラブルを招く可能性が

顔の産毛処理をパックで行なった場合は埋没毛を引き起こしてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

埋没毛は、産毛の毛穴がふさがってしまい、毛穴から出られないまま伸びている状態の体毛のことを指します。
顔の産毛処理としてパックで強引に産毛を抜くと、毛穴の中が傷ついてしまうことがあります。

 

毛穴の中でできた傷が出血し、かさぶたになり、毛穴をふさがり埋没毛になるという訳です。埋没毛が毛穴の中で伸びていくと、お肌の表面が黒くなり盛り上がってしまい処理するのが益々困難になってしまいます。

 

埋没毛を無理矢理抜こうとすると、もっとお肌が傷ついてしまうため、無理に抜かずに保湿ケアをして自然に治るのを待つしかなくなってしまいます。
そして、パックで顔に生えている産毛を引き抜いて処理していると、何度も繰り返している内に、どんどん毛穴が広がってしまうことがあります。

 

広がってしまった毛穴は汚れや、角栓が詰まり少しずつ酸化を引き起こしてしまいます。
酸化すると黒くなり、ポツポツと黒い毛穴が浮き出てしまうことがあります。

 

そのようなことを防ぐためには、顔の産毛処理に塗るだけの除毛クリームを使うのがおすすめの方法になります。埋没毛や、毛穴の広がりを防ぎ塗るだけなので手軽です。

 

 

顔の産毛処理する方法いろいろ

地味なので忘れがちなのが、顔の産毛のお手入れです。しかし顔を近づけるといきなり目立ち、特に口周りや鼻の下の産毛(ヒゲ)はケアせずほうっておくと、まるでおっさん状態。

 

男性と良い雰囲気になったときに、顔のヒゲ(産毛)に気づかれて目を逸らされたという悲惨な事態は何としても避けたいものです。顔の産毛処理を自分でする方法でシンプルなのは、T字、またはI字のカミソリで剃るケアです。

 

小さいサイズを選ぶと細かい部分も剃りやすくて便利。丁寧に洗顔した後、蒸しタオルを1〜2分あてて毛穴を開き、肌を柔らかくします。カミソリのダメージを軽減するために乳液やクリームを薄く塗ってから剃りましょう。

 

毛の流れに沿って、カミソリをあてて優しく剃ります。毛の流れに逆らうと深ぞりで深く剃れるため仕上がりはきれいですが、肌への負担が大きく伸びてくると太く見えてしまうこともあるのです。フェイス用の電動シェイバーは、肌が弱くカミソリの刺激を強く感じてしまう方におすすめです。

 

刃が肌に直接ふれない構造なので、肌への負担が少なくてすむのです。カミソリで処理した場合より早く産毛が生えてきてしまうので伸びてきたと感じたら、こまめにケアするのがおすすめ。手軽にケアできるので続けやすいのも嬉しいメリットです。

 

カミソリやシェーバーで剃らない方法としては、むだ毛を薄くする効果が期待できる、大豆イソフラボン入りの化粧水やクリームが便利です。顔の産毛そのものを薄くすることができるのです。

 

顔の産毛処理は、定期的にきちんとおこなうと化粧のノリも全く違い、肌の透明度も増して顔の印象も明るくスッキリ。こまめに処理してツルツルお肌を保ちましょう。

 

【こっちも読みたい】ノイスは陰部にも効果があるのか検証してみたw