フェイス脱毛で産毛のないキレイな肌に

フェイス脱毛で産毛のないキレイな肌に

口の周りや目元などの産毛が気になり、かみそりや毛抜きを使って処理をしていました。
かみそりを使うと、たまに誤って肌を傷つけてしまうことがあるので、もっと安全な方法で肌をキレイにしたいと思い、フェイス脱毛を検討するようになりました。

 

脱毛は、医療機関で受けることができるレーザー脱毛とエステサロンの光脱毛がありますが、私は肌があまり強くないので、肌に優しい光脱毛を受けることにしました。

 

光脱毛で受けるフェイス脱毛は、言われていた通り肌に優しく、刺激を感じることもほとんどありませんでした。
しかし、光は黒い色に反応するので、色が薄い産毛には反応が悪いと聞いてはいたのですが、なかなか効果を実感することができずにいました。

 

効果が出てきたなと感じはじめたのは、半年ほど経ってからです。今までは、週に1回は産毛の処理をしていたのですが、産毛が気にならなくなってきたので、処理は月に2回ほどでよくなってきたのです。

 

光の影響か肌の調子も良くなり、キメが整ってきました。

 

最終的に1年ほど施術を受けて納得がいく結果を得ることができました。産毛がほとんど目立たなくなると、化粧のりも良くなり、肌も明るくなりました。思い切ってフェイス脱毛を受けてよかったです。

 

 

フェイス脱毛で口周りもスッキリできた

フェイス脱毛を決心したのはたった1つの理由からでした。それは口周りの産毛を毎回剃っていたのですが、なんだか青ひげのようになっているのが気になっていたのです。男性でも青ひげはあまり良い印象を持たれないですが、それが女性なのに青ヒゲのような状態というのはかなり恥ずかしかったです。

 

元々、色白の肌をしていますのでさらに剃った後が青っぽく見えたのだと思います。

 

本当は脱毛をするのであればフェイス脱毛ではなく、VIOの脱毛を最初にしたいと思ってたのですが、目立つ顔の部分なだけに脱毛の初体験は結局フェイス脱毛にしました。歩いて行ける距離にちょうどリーズナブルな価格で知られる脱毛サロンがあったので、迷わずそこを選択しました。

 

カウンセリングには1時間前後かかりましたが、かなり細かい点まで質問があり、しっかり利用者のことを考えているのだなという印象でした。

 

そして緊張しながらいよいよ施術を受けたわけですが、心配していた痛みは思ったより全く感じず、ちょっと拍子抜けしました。しかも施術にかかった時間は15分もなかったと思います。これなら忙しい日でも問題なく通えそうだなと思ったのを覚えてます。

 

そして通い続けること12回、気がつけばコンプレックスだった鼻下の青ひげ状態はすっかり改善されて、剃る必要もなくなったので肌も傷つけません。産毛の手入れがほぼ必要なくなった口周りは快適そのものです。フェイス脱毛をして心底良かったと思っています。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?